この練習試合最後は、初戦と同じ「S町FC」戦。
さきほどはベストメンバーの相手とドローだったが、どうなるか。

円陣を組み、
「最後、勝って帰ろうぜ!」と檄を飛ばす。
息子の息も荒い。



この試合、Sコーチのメンバー指示にちょっと不安があった。
それはGKだが、前半はIくん後半はYくん、
共に小柄の二人なのだ。
それにYくんはキーパーを恐らくしたことがない。
ただ、全員一回はGKをするという方針なので、こうしたのだろう。



悩む。

勝ちに行くなら、前半息子で0点に抑え、後半勝負だ。
あるいは前半はGK適性のあるWかHという選択肢で、展開次第で替える手もある。
Sコーチは2年を見てるので、好きに替えていいですよと言われている。
が、悩む。
自分のことだとこんなに悩まないのだが。

が、やはりSコーチの指示に従うことにした。




試合は相手がベストメンバーではないためか、終始押し気味に進めることが出来た。

だがどうしてもゴールが遠い。
息子やWが抜け出しても、相手は二人で追ってきてサイドへ押し込まれてしまう。
よく練習していると思う。
一人一人のスキルは決して劣らないと思うが、こういうチームプレーはまだ及ばないと思う。


そんな中、一瞬の隙から先制されてしまう。
こっちはシュートを何本も打っているのに入らない。
決めるところ決めないと、たった一本のシュートを決められてしまう。
それもサッカーだ。スタッズだけでは結果は分からないのである。



こうして、初戦同様0-1で折り返す。
なあに、まだまだこれからだ!


イメージ 1