U12フジパンカップ関東大会、予選リーグ二戦目を迎えた。
相手は創設して10年そこそこで数年前に全国を制した、埼玉県第三代表のRST。
第一代表で出てきてもおかしくない超強豪、格上も格上、
普段のTRMではBとかCチームが出てくるようなところだ。






DSC_0590

 






お互いのチームの初戦結果だが、
三チーム総当たりのリーグ戦でうちのチームは2-0で勝っている。
一方RSTは3-2で勝利していた。

得失点差で優位なこちらは引き分けでも構わない。
が、そんな消極的なことでまともに戦える相手ではない。






IMG_4533







だって応援団からしてすごいもん。
パパさんたち、横断幕は当然でチームメガホン作ってガンガン叩きながらフェンス前でチャントを歌う。さすが全国に出るようなところは違うな。
こちらの応援団は圧倒されたのか心なしか静か。

だがこちらは優位にいるとはいえチャレンジャー、失うものはなにもない。
また緒戦のダメダメから息子は回復したようである。






試合は開始早々ビッグチャンス。
GKのKたがロングフリーキックを蹴り入れる。






DSC_0591

DSC_0592

DSC_0593

DSC_0594







それをGKが弾いてこぼす、すかさず詰めていたのがTがと息子の二人。
相手DFは全然ケアしてない。
息子が奪ってDFの股を通してシュートを打つが、ボールは惜しくもポストに当たってしまう。


だがさすがのRST、その後は攻撃にさらされる。
特にこちらのDFの裏への速さが半端ではない、散々翻弄される。






DSC_0595

DSC_0596

DSC_0597

DSC_0598







Kたが必死に防ぐが、いつ決められてもおかしくない。
そのためこちらもどんどん下がってしまう、流れが非常に悪い。

盛り上がるRST応援席。
決めちゃえ、決めちゃえ、といつでも決められるぞというムード。






だが、こちらのFW二人が一発で流れを変えた。
KたからのゴールキックのこぼれをK兵が前に送る。






DSC_0601

DSC_0602

DSC_0603







息子は20番を背負いつつ、ワンタッチでTがへと流す。
と同時にそちらを向いた20番の背中を回ってマークを外す。Tがにボールを要求する。
心得ているTがもワンタッチで戻す、綺麗なワンツー。







DSC_0603

DSC_0605

DSC_0604

DSC_0606

DSC_0607







来た!これは決めなければならない!
それがFWの仕事だ。






DSC_0608

DSC_0609

DSC_0610

DSC_0611

DSC_0612







セオリー通り相手の前に入る、追いすがるDFを手で阻む。
その腕を引っ張られるがバランスは崩れない。
DFがタックルに来るがこれは感じ取ってかわす。

相手GKが出てきた、息子はシュートではなくかわしにゆく。
さっき決められなかったばかりのプレー、だが敢えてまたチャレンジしたことは褒めてあげたい。

最後は冷静にシュート!







DSC_0613

DSC_0614

DSC_0615

DSC_0616







一斉に立ち上がった応援団に隠れて映っていない(笑)
が、一瞬息子はガッツポーズをしていた。







DSC_0617







黙るRST応援席、大フィーバーのこちら応援席。
苦い顔をしていた監督も立ち上がって喜んでいた。

なにより嬉しいのは息子自身だと思う。
公式戦ではずっとノーゴールだった、TがもT介もKきも決めているのに。
さっきの試合も何度もチャンスがありながら決められなかった。

やっと決めた、安堵しているかもしれない。



RSTの攻撃にずっと耐えた守備陣、その頑張りに応えた攻撃陣。
願ってもない先制という展開で試合は進んでゆく。